モジュール式多軸プログラマブルモーション制御 サーボドライブ(MSD)

革新的な機械性能、精度、処理速度を実現


高性能機械を使用することは、生産性と収益性の面で大きなメリットをもたらします。ムーグのモジュール式多軸プログラマブルモーション制御サーボドライブ(MSD)は、最高レベルのダイナミック応答性能、スムーズな動作、そして幅広い応用性を備えた新世代のサーボドライブとして、市場の要求にお応えするものです。

MSDには、共通の電源から給電されるモジュール式サーボドライブと、動作軸全体を協調させるモーションコントローラ1台が含まれます。

MSD多軸モーション制御サーボドライブの代表的な用途

  • オートメーション全般
  • 板金加工機やプレス機
  • 射出成形機、ブロー成形機
  • 織機や編み機などの繊維機械
  • マテリアルハンドリングおよび組み立てシステム
  • 搬送およびストレージ
  • 包装機械、食品加工機械

MSD多軸モーション制御サーボドライブ導入のメリット

  • 機械の生産性が向上 - 射出成形機のサイクルタイム短縮や金属成形プレスのフィードレート向上など、MSDは機械の処理性能を大幅に改善することができます。
  • 機械の精度が向上 - モーション制御の精度向上は製品の精度向上に直結します。部品のばらつきを極少化してスクラップ品を減らします。
  • 機械のフレキシビリティが向上 - MSDは、モジュール式設計とカスタム性を兼ね備えており、様々なタイプの機械に対応可能なフレキシブルなプラットフォームを提供できるため、最先端の機械設計における中心的な存在となっています。
MSDプログラマブルモーション制御サーボドライブの仕様
定格電流 4~170 Aのサーボドライブ。一般的なAC電源接続または中央電源装置を使ったDC電源のいずれかを選択可能
サイズ コンパクトサイズ。奥行き300 mmのスイッチ操作盤に収納できます。ハウジング幅が非常に狭いため、スイッチ操作盤内の空間を有効活用できます
通信プロトコル 各種の制御システムにフィールドバス接続で高速通信します(EtherCAT、CANOpen、Profibus、SERCOS等に対応)
フィードバック装置 3台のエンコーダからの同時フィードバックに対応し、レゾルバからsin/cosシングルターンおよびマルチターンエンコーダまで、高精度の位置決めを行います
安全性 EN 61508、EN 62061、EN ISO13849-1、IEC 61800-5-2に基づく安全機能を標準搭載。ドライブコントローラに安全機能を直接組み込んでいます
PLC機能 IEC61131に基づく内蔵PLC機能により、ドライブコントローラの周辺機器や単軸/多軸装置に直接アクセスできます
ソフトウェア 特別仕様のソフトウェア・パッケージにより、個々の用途に適したモーション制御機能を提供します