2段型直動サーボ弁(アナログ信号用)
MK (MK-30, MK-40, MK-60, MK-100, MK-200, MK-250)シリーズ

MK 2段形直動型サーボ弁は、直動型サーボ弁をパイロット弁として、メインスプールを駆動するものです。メインスプールは、パイロット弁の油圧信号によって駆動されます。メインスプールにも変位検出器が直結されています。

特長

  • 高応答性が得られる。
  • スレッショルドが小さく再現性がよい。
  • 信頼性、安全性が高い。
  • 供給圧力、油温変化による中立点変動が少ない。
  • 使用油は石油系、水グリコール系、脂肪酸エステル系で使用可能。
  • 作動油汚染度はNAS10級で使用可能。

主な用途

  • 製鉄設備
MK (MK-30, MK-40, MK-60, MK-100, MK-200, MK-250)シリーズの仕様
定格圧力 (弁圧力降下 6.87MPaの時) MK-30 : 114 l/min
MK-40 : 151 l/min
MK-60 : 227 l/min
MK-100 : 378 l/min
MK-200 : 756 l/min
MK-250 : 945 l/min
定格入力 3.5 A
(MK-30、MK-40、MK-60、MK-100、MK-200、MK-250 共通)
使用圧力範囲 1.3~34.3 MPa
(MK-30、MK-40、MK-60、MK-100、MK-200、MK-250 共通)
高圧側耐圧 51.5 MPa
(MK-30、MK-40、MK-60、MK-100、MK-200、MK-250 共通)
定圧側耐圧 20.6 MPa
(MK-30、MK-40、MK-60、MK-100、MK-200、MK-250 共通)
質量 MK-30 : 22 kg
MK-40 : 22 kg
MK-60 : 31 kg
MK-100 : 31 kg
MK-200 : 49 kg
MK-250 : 49 kg
>2段型直動サーボ弁MK (MK-30, MK-40, MK-60, MK-100, MK-200, MK-250)の仕様詳細、詳しい技術情報を、カタログPDFでご覧いただけます。

お見積り・ご質問は、お気軽にお問い合わせください。

お見積りのご相談、詳細仕様についてのご質問などがあれば、お電話でお問い合わせください。フォームもご利用いただけます。

  • 電話でのお問い合わせ
  • フォームからのお問い合わせ

お問い合わせはこちらへ

電話でのお問い合わせ                      0120-609-141                             *受付時間は午前10時~午後6時(平日)

メールでのお問い合わせは、info.japan@moog.com