G123-817 LVDTオシレータデモジュレータ

精度と繰り返し性が高く、ノイズが少ない

DINレール取付けモジュールのG123-817 LVDTオシレータデモジュレータは、完全なリニア可変差動トランス(LVDT)信号処理モジュールです。LVDTと共に使用することで、センサの物理的な位置をプラスマイナスのDC電圧と4~20 mAのDC電流に変換します。出力は高い精度と繰り返し性を有し、ノイズとリップルが非常に小さくなっています。レシオメトリックな回路構成により、従来の同等回路と比べて、温度安定性と電源イミュニティが大幅に改善されています。

G123-817 LVDTオシレータデモジュレータの特長

  • 精度、繰り返し性、ノイズ、リップルが改善
  • 出力電圧および電流
  • 高い電源イミュニティと温度安定性
  • オシレータレベルおよび周波数調整
  • 出力スパン調整およびゼロ調
  • セカンダリフェーズ調整をスイッチで選択可能
  • 使いやすい正面パネルのコントロールと表示器
  • コンパクトなDINレールハウジング
  • CEマーク付き