G123-818信号コンディショナ

フレキシブルな内部DIPスイッチ設定

G123-818信号コンディショナは、完全なセンサ信号処理モジュールです。通常はロードセルに使用しますが、他の低レベル出力センサにも使用できます。安定した定電圧電源がセンサ電源を供給します。精密計測アンプとフィルタの組み合わせにより、処理された正確な±10 Vの電圧または4~20 mAの電流を出力します。4~20 mA出力は片極または両極の選択ができます。

信号コンディショナは、静的および動的測定用のスタンドアローンのアンプとしても使用でき、スケーリングしたプラスマイナスのDC電圧または電流を出力します。コンパクトなDINレールエンクロージャ内に収められ、+24Vの電源供給が必要です。

G123-818信号コンディショナの特長

  • フレキシブルな内部ディップDIPスイッチ設定オプション
  • 出力極性およびゼロ調LED
  • ゼロ調とスパンを正面パネルで調整
  • 正面パネルのシャント較正スイッチ
  • 周波数選択可能なローパスフィルタ
  • 安定した精密な産業用電子装置
  • コンパクトなDINレールハウジング
  • CEマーク付き