G040-119 携帯型サーボバルブ試験機

ムーグのサーボバルブ試験機は、現場での経験に基づいて開発され、機械的フィードバック機能を備えたサーボ弁およびポンプストローカー弁を使用している制御システムの試運転、保守、トラブルシューティングに有効です。試験ではまず、油圧(サーボ弁)を電・子機器から切り離すことが大切です。

そのためには、弁接続を切り離し、ムーグの試験機のケーブル(A48114-150)を接続します。こうすることで、システムの電子装置から完全に切り離した状態で、サーボ弁を運転・試験することができ、ヌルドリフト、不要な振動、最高速度が出ないといった問題が、油圧または電気のいずれかによるものなのかを判断することができます。

G040-119 携帯型サーボバルブ試験機の特長

  • 機械的フィードバック式のすべてのムーグサーボ弁を試験可能
  • バッテリ駆動
  • コンパクトで軽量
  • キャリーケースとケーブル
  • CE マーク

メリット

  • 簡易で低価格なサーボ弁試験機

お問い合わせはこちらへ

電話でのお問い合わせ                      0120-609-141                             *受付時間は午前10時~午後6時(平日)

メールでのお問い合わせは、info.japan@moog.com