さらなる深海を目指す油田、ガス田開発

新たな油田やガス田の開発のため、海底油田探査会社は、より深い海域で掘削を行う必要性に迫られています。こうした場所で使用する装置の仕様は、水深や厳しい天候条件によって大きく影響を受けます。

独自の統合型スイベル

ムーグは、世界各地の外洋掘削の厳しい要件に応える独自のFPSO用スイベルを設計、製造しています。スイベルは、通常、電気スリップリング、油圧ユーティリティスイベル、光ファイバーロータリージョイントから構成され、ブイ、ターレット係留設備、外洋積み出しタワーを含む幅広い種類のFPSO(浮遊式生産貯蔵出荷設備)に使用されています。

ムーグのFPSO用スイベルは、係留点の風向計を中心とする浮遊体の動きに影響されることなく、電源、信号、油圧フルード、光ファイバー信号を継続して提供することができます。すべてのFPSO用スイベルは、海洋関連の規制当局から認定され、危険な場所での使用に関する認証を受けています。

経験

ムーグは、海洋掘削向けの大型で複雑なスイベルアセンブリーの設計と製造に関して豊富な経験を積んでいます。これまでに40種類以上のカスタム仕様のFPSO用スイベルを設計、製造、出荷してきました。