RKPラジアルピストンポンプ

高性能、高耐久性、低騒音ポンプ設計

RKPラジアルピストンポンプ

ムーグのラジアルピストンポンプ(RKP)は、30年以上前から産業機器市場に供給され、堅牢で信頼性の高い設計が広く知られています。

ムーグでは、2001年にBosch社から譲渡されたRKP事業において、主要なアプリケーションの要件と産業界の最新の標準を満たすべく、オリジナルの設計の改善と最適化を進めてきました。ムーグの設計による最新モデルは、旧バージョンとの比較だけでなく、最先端の他社製品と比べても、より高い耐久性と静粛性を備えています。

設計上の重要な変更点の1つであるポンプハウジングの最適化では、ピストンを7本から9本に変更し、脈動と騒音を抑制することに成功しました。また、スライディングストロークリングも、再設計によって改善されました。現行の最新バージョンは2006年に発売され、騒音の少なさや耐久性の高さといった優れた特長が実証されています。当社では、導入以来、現場から大きな故障や不具合の事例が報告されていないことを誇りに感じています。

RKPラジアルピストンポンプのメリットおよび特長

  • 静粛性が向上し、騒音が問題となるアプリケーションに対応。欧州連合(EU)の騒音ガイドライン(2003/10/EC)に準拠する機械への組み込みに適しています。
  • サイズは、1回転あたりの吐出容量で19、32、45、63、80、100、140、250ccの機種を用意しています。さらに大きなサイズについては、お近くのムーグのオフィスまでお問い合わせください。
  • 標準設計品の最大連続圧力は28MPa、最大ピーク圧は35MPaです。高圧バージョンの最大連続圧力は35MPa、最大ピーク圧は42MPaです。
  • エネルギー効率の高い設計により、運用コストを抑えることができます。
  • この製品は、さまざまなサイズと制御方式、取り付けフランジの種類があり、作動油の種類別の認定バージョンもあることから、各種の機械設計に柔軟に組み込むことができます。
  • 耐久性に優れ、メンテナンスの必要性が少なく、耐用寿命が長いことから、従来よりもメンテナンス費用が大幅に抑制され、動作可能時間が増えます。
  • 安定性が向上し、不利な運転条件にも対応できます。
  • 簡素な接続設計により、セットアップと設置後の試運転が簡単に実施できます。
  • 防爆仕様、デジタル制御仕様(RKP-D) も提供可能です。

RKP-IIの代表的な用途

RKP-II ラジアルピストンポンプは、以下の機械や用途での使用に適しています。