一般産業向け大型スリップリング

大型スリップリング

ムーグの製造プロセスと技術により、高度な機能を備えたコスト効率の高い大型スリップリングの大量生産が可能となっています。組立てラインによる生産で、短納期と低価格を実現しています。

大型スリップリングは、伝統的なファイバーブラシの摺動接触技術によって電力と制御信号を伝達します。ファイバーブラシを介した接触により接触圧を低くできるため、複合材料系の黒鉛ブラシの場合と比べて摩耗くずの発生を最小限に抑えられ、寿命の大幅な長期化が可能です。また、接触圧が低いため装置が静音になります。

大型スリップリングは、最大1.32 Gb/sの高速データ通信が可能な光学チャンネルを搭載しています。また、特許取得済みのこの技術は、1本の光チャンネルで多重に光信号を伝達することが可能なため、1チャンネル当たり5GB超のデータ転送能力が得られます。さらに、この技術は拡張性が高く様々なデータ処理要件に対応できるだけでなく、回転インターフェースを介して双方向のデータ通信を行うことも可能です。拡張性と双方向通信という2つの特長により、設計の柔軟性と可能性が飛躍的に向上します。

大型スリップリングの特長

  • メンテナンスフリーで長寿命。ファイバーブラシは、表面速度の高い用途に使われることが多い複合材料系の黒鉛ブラシとは異なり、接触圧が極めて低いため、摩耗くずを最小限に抑えて長寿命を実現することができます。ムーグのファイバーブラシ技術には、接触摩耗率の低さ、電力・信号伝達能力の高さなど数多くのメリットがあります。
  • 機械システムの静音運転。
  • 高速データ転送。高周波設計により、良好なデジタルデータ転送が可能です。電気ファイバーブラシ設計は50 Mb/sまで使用可能であり、光学設計は、光学信号当たり最大1.32 Gb/sの転送が可能で、多重信号にも対応します。また光学技術では、回転インターフェースを介した双方向のデータ転送も可能です。
  • 大型サイズ。ムーグは、内径127 cm、長さ45.7 cmまでのスリップリングをご用意しています。回転速度は装置の直径によって異なります。回路数は、長さと電力によって決まります。
  • 機械システムの静音運転。ファイバーブラシは可聴騒音をほとんど発生させないので、機械のノイズが減り、CTスキャン装置の場合は患者のストレスも小さくなります。
  • スリップリングをお使いであれば、回転動力としてモータも必要になります。ムーグでは、ブラシつき、ブラシなし、各種トルク仕様など分数馬力直流モータをフルラインアップで取り揃えています。
大型スリップリングの仕様 *
サイズ範囲 内径最大127 cm、長さ最大45.7 cm
回転速度 直径により異なります
データ信号速度 電気: 直流で最高 50 Mb/s NRZ
光学: 光学チャンネル当たり50 Mb/s ~ 1.32 Gb/s
回路数 用途とスペースによって異なります
電力 最大480 V、数百アンペア
定格信号オプション ±10 V、±10 mAおよび4~20 mA
* お客さまの仕様に合わせて設計します

主な用途