DI2020シリーズ

ドライブ一体型

サーボモータ

省配線・省スペースを実現し、高精度な位置決めを可能にする分散型ソリューション  

DI2020は新しいドライブ一体型サーボモータです。従来の集中型キャビネットソリューションと比較して、配線やキャビネット設計の最適化を図り、機械制御の分散型アーキテクチャを可能にします。特に、複数のモータを近接して設置する多軸アプリケーションや、回転機械のサブシステムに適しています。

DI2020シリーズの特長

製品スペック

電源供給範囲

282-810 Vdc

公称回転数

3.000 rpm

連続ストールトルク

2 – 5 Nm

ピークトルク

13 – 22 Nm

サイズ

2つのモータースペアフランジ。 100mmおよび115mm、2種類のモータースタックサイズ:2個および4個のマグネット

通信プロトコル

EtherCAT または CANopen

制御機能

トルク、速度、位置

フィードバック装置

フルデジタルのアブソリュートエンコーダ、Sin/Cosエンコーダ、標準レゾルバをサポートし、あらゆるアプリケーションのニーズを満たすことができます。

セーフティー

Safe Torque Off (STO)、Safe Brake Control

ソフトウェア

エネルギー管理、ゲインスケジューリング、熱モデリング、高速最適化のための高度な機能

お問い合わせはこちらへ

電話でのお問い合わせ 

0120-609-143

または

0463-55-8533

*受付時間  9時~17時(平日)

メールでのお問い合わせは、mcg.japan@moog.com

サーボドライブの代表的な用途